【PR】

やってはいけない別れ方:LINEラインで恋人と別れるリスク他

恋愛の悩み


男女のお付き合いでは、お互いの気持ちやさまざまな理由で別れを決意するカップルもいます。そんなとき、男性・女性のどちらから別れを告げる場合でもやってはいけない別れ方というものがあるそうです。別れ方次第で、相手と一緒に過ごした時間がもったいなかったと感じたり、もしかしたら復縁もあり得るのではないかと期待させる場合もあります。そのような別れ方は、避けておくべきですしお互いに別の道を進むためには必要がないものだといえるでしょう。
この記事では、カップルが別れを決意するときにやってはいけない別れ方や賢い別れ方などを紹介しています。男女間において、恋愛関係での別れというのはよくあるものです。より良い前向きな別れ方をするためにも、この記事の内容を参考にしてみませんか?気になる方はぜひ読んでみてください。

やってはいけない別れ方:LINEラインで恋人と別れるリスク


男女の仲に別れはつきもの、と言われることがよくあります。どんな理由で別れに至ったとしても、相手には最後まで誠実にいたいもの。なので、別れ方はきちんと誠意をみせることが大切です。たとえば、LINE(ライン)で別れを告げるなんていうのは以ての外!一方的にラインで別れを告げるなんて、相手の気持ちをまったく考えていない自分勝手な別れ方です。顔をあわさずに別れを告げるなんて、本当に失礼なマナー違反だといって良いでしょう。そんな別れ方をすれば、相手が納得するはずがありませんよね。
相手の気持ちを考えずに一方的に別れを告げるのは、相手から恨まれる可能性があります。ラインで別れを一方的に告げて相手を速攻ブロック!なんて非誠実な対応は、二人の間であったはずの幸せな時間も最悪の思い出にしてしまいます。その結果、憎まれる、嫌悪感でいっぱいになるなど、相手から非難の目を向けられることになる可能性もあると覚えておきましょう。

やってはいけない別れ方 VS 賢い別れ方:どっちが正解?


やってはいけない別れ方には、『別れる理由を言わない』『顔をあわせず一方的な別れを告げる』といった相手のことを考えていない勝手な行動をとるというものがあります。先ほども書いたように、相手がどんな気持ちになるのかを考えずに行動を起こすことで、嫌悪感を持たれて恨まれる可能性があるということが考えられます。
こういった『やってはいけない別れ方』とは逆に、『賢い別れ方』というものがあるといことです。たとえば、『相手に感謝の気持ちを伝えておくこと』や『不満は最後まで口にしない』、『本心を告げて別れを伝える』という方法。自分から別れを告げるときには、相手には少なからず傷を負わせることになります。別れを告げるときには、相手に嫌われる覚悟をしておきましょう。その上で、相手と一緒にいられた時間、相手への感謝の気持ちを伝えることで、相手の傷を少し小さくすることができるといいます。賢い別れ方といわれるのは、相手に自分の気持ちだけをぶつけるのではなく、一緒にいられたことへの感謝を述べることができる素敵な人と付き合うことができたのだと思われることです。

やってはいけない別れ方とは違う!大人な別れ方とはどんなもの?


相手を傷つけない別れ方、賢い別れ方があることをここまでお伝えしてきましたが、大人の男女が恋愛を終わらせるときにはどんな別れ方をするのでしょうか。
まず、相手の人間性を否定するような言葉は口にしません。恋人としての相性が良くなかっただけで、「人として嫌いになったわけではない」ということを伝えます。そうすることで、相手をなるべく傷つけずに別れを告げることができます。もし相手から別れを切り出されたときは、素直に受け入れて相手の気持ちを考えずに縋ったりしないのも大人な別れ方です。また、別れたい理由をはっきりと伝えることで、相手が恋の終わりを受け止めることができるように気を配ることができる、そんな別れ方をできるのが大人の男女です。今までの感謝をつげることができる理由は、相手がいたから成長し、今の自分があるということを知っているからだといえます。

やってはいけない別れ方:男が引きずる別れ方を避けるための方法


男女の別れには、男性が引きずってしまうような別れ方をする女性もいるようです。ただ、それはあまり良くない別れ方だといえるでしょう。なぜなら、別れを引きずることで「彼女のせいで傷ついた」という思いに変わって女性を恨んだりする可能性があるからです。それでは男性も幸せになるための時間を進むことができませんし、お付き合いをしていた女性を傷つける行動をする可能性もあります。そうならないためにも、男性が引きずるような別れ方は避けるべきなのです。
たとえば、男性が引きずる別れ方とは『突然別れを告げる』『自分の意見を一方的に通す』『復縁を匂わす言葉をかけて別れを告げる』といった別れ方は良くありません。男性を傷つけるだけの言葉を発したり、相手に自分との復縁を期待させるような言葉を残すのは絶対にしてはいけない別れ方です。一度はお互いに好きになった相手だからこそ、男性が別れた女性を引きずるような別れ方をしないように気をつけましょうね。

やってはいけない別れ方を知って、別れ方で人の価値がわかります!


男女の別れ話で「やってはいけない別れ方」というものがあります。別れ方はその人の価値というものが現れるため、別れを決意したときにはきちんと相手のことを考えるべきです。大人の男女が別れ話をするときには、お互いに相手を引きずらないような気遣いが大切です。お付き合いをしていた時間は、とても良い時間だったといえたとしても、別れ方次第で相手を憎む原因ができてしまうこともあります。やってはいけない別れ方は、その人自身がそれまで相手と向き合ってきてどのくらい成長し、相手を大切に思えたかを知ることができる時間です。
別れ方をどんなに気をつけていても、男女間でどうやっても分かり合えないこともあるので、傷つくこともあるかもしれません。個人同士の考えの違い、価値観の違いが原因で別れることもあるでしょう。そういったお互いの違いがわかったうえで、別れを切り出すときには特に相手の考えを否定せずに「自分とは相性が悪いと感じる」「価値観が違いすぎるのでお付き合いを続けるのは難しいと感じている」といった風に、気持ちをしっかりと伝えることが大切です。

まとめ

別れ方が前向きになれるものか、それとも引きずってしまうような別れ方か、でお互いにその先を良い時間にできるのかが変わることがあります。男性も女性もお互いを一度は好きあったのですから、相手には幸せになってもらいたいと思える、そんな別れ方が理想ですよね。しかし、相手へ向ける感情や別れる理由によっても「幸せになってほしい」と思えない場合もあるでしょう。
別れ方はお互いに嫌悪感を持たず、相手のその先が良いものであることを願える、そんな時間にしたいものです。もちろんすべてのカップルがそんな別れ方ができるとはいえないので、あくまでこれは理想だといえます。しかし、相手を大切にして思いやりのある伝え方をすることで別れた後にもお互いを尊重しあえる関係を作ることが大切です。別れ方にはいろいろな方法がありますが、相手を必要以上に傷つけたりしないように気をつけてましょう。

コメント

advanced-floating-content-close-btn